facebookTweets

Archi-Aid

INFORMATION

記憶の街ワークショップ in 釜石

< リストに戻る

6月1~7日、シープラザ釜石2F市民交流フロアにて「記憶の街ワークショップ in 釜石」を開催いたします。

今回のワークショップでは、2011年11月,12月にTOTOギャラリー・間にて開催した「311 失われた街 展」の際に名古屋市立大学久野研究室の学生たちによって作成された1ピクセル(500m×500m・縮尺1/500)の復元模型に加え、今回はその模型に隣接する8ピクセルの模型を新たに作成し、全9ピクセル3m×3m(実寸1500m×1500m)の模型を会場にて設置いたします。

他地域でのワークショップ同様、参加無料、随時参加可能です。

開催期間中、たくさんの方にお越し頂き、かつての街を再現した白い模型をご覧頂くとともに、かつてのふるさとの記憶に思いを馳せて頂き、また着彩を行いながらかつての街での思い出をお聞かせ願えればと思います。

FaceBook
主催
「失われた街」模型復元プロジェクト実行委員会
取材
NHK盛岡放送局
企画制作
名古屋市立大学久野研究室/愛知淑徳大学清水研究室+学生有志/神戸大学槻橋研究室
後援
釜石市/釜石市教育委員会
お問合わせ
080-1485-9509(担当:名古屋市立大 西村)
東日本大震災復興支援「失われた街」—LOST HOMES—模型復元プロジェクト