facebookTweets

Archi-Aid
1/500 SCALE MODEL GALLERY > 浪江-権現堂地区

地図

写真

表示を拡大

浪江-権現堂地区

着彩模型

福島県の太平洋岸、浜通り地方の中央に位置する町・浪江は地震と津波の被害で死亡者146名、行方不明者38名を出したが、それに加えて福島第一原発事故による町全体への影響は計り知れない。事故にともない町は半径20 ㎞ 圏内の「警戒区域」と圏外の「計画的避難区域」に指定され、ほぼすべての住民2万1千人が避難した。「警戒区域」は平成23年4月22日以降、立ち入りが制限されている。町役場も5月に二本松市に臨時移転し、町は土地を失った状態になっている。[槻橋修]
制作地域
福島県双葉郡浪江町
制作年度
2011.10
制作者
神戸大学槻橋研究室+大阪大学有志
ワークショップ
「記憶の街ワークショップ for 浪江町」
開催期間:2014.2.5(水)~11(火)
開催会場:二本松市市民交流センター3F 市民ギャラリー
縮尺
1/500
制作範囲
1500m ×1000m
模型サイズ
3m ×2m
つぶやきを表示
東日本大震災復興支援「失われた街」—LOST HOMES—模型復元プロジェクト