facebookTweets

Archi-Aid

地図

写真

表示を拡大

大船渡

着彩模型

三陸海岸南部における重要港湾として古くから活躍してきた大船渡港を中心に、水産業、国際貿易が発達するとともに、内陸部に石灰石鉱山を有していたことから、戦前より東北一のセメント工場が立地していることでも知られている。市街中心部を流れる盛川の両岸が河岸段丘になっており、低地部とその背後にある高台の市街地とで被害の度合いが大きく分かれた。低地部は河口から2 ㎞ 以上遡上したJR盛(さかり)周辺まで浸水した。[槻橋修]
制作場所
岩手県大船渡市
制作年度
2011.10
2013.8
制作者
東洋大学工藤・藤村研究室
神戸大学槻橋研究室+学生有志
ワークショップ
2013.8.5~11/大船渡地区公民館・おおふなと夢商店街
「記憶の街ワークショップ in 大船渡」
縮尺
1/500
制作範囲
1000m ×2000m
模型サイズ
2m ×4m
つぶやきを表示
東日本大震災復興支援「失われた街」—LOST HOMES—模型復元プロジェクト