facebookTweets

Archi-Aid

PROJECTS

記憶の街ワークショップ in 大槌町

< リストに戻る

大槌町の復興支援として、町方地区の中心部1pixelの模型を神戸大学槻橋研究室と近藤研究室で協力して製作し、記憶の街ワークショップを行いました。

小さな模型ではあったが非常に多くの記憶が語られ、記憶の旗が立ち並びました。
会場
ショッピングセンター・マスト2階/和野っこハウス/エールサポートセンター
会期
2012.6.16-6.24
主催
From KOBE(神戸大学大学院工学研究科建築学専攻 槻橋研究室+近藤研究室、大槌町復興支援ネットワーク
共催
一般社団法人おらが大槌夢広場復興館
協力
京都大学防災研究所牧研究室、カリタスジャパン大槌ベースキャンプ、ひょっこりひょうたん塾、まちづくり有 限会社きんもくせい、神戸市長田区野田北部まちづくり協議会、FMわぃわぃ(たかとりコミュニティセンターTCC)、 おらが大槌復興夢広場
来場者数
270人
新規製作・着彩模型
大槌(町方地区の中心1pixのみ)
関連模型
東日本大震災復興支援「失われた街」—LOST HOMES—模型復元プロジェクト