facebookTweets

Archi-Aid

PROJECTS

第2回 記憶の街ワークショップ for 浪江町

< リストに戻る

心に残る浪江町の街の記憶を伝えるために、浪江町で2回目の記憶の街ワークショップを実施しました。

WSの様子はNHK盛岡放送局によって「ふるさとの記憶」として映像化されました。昨年度に製作した模型を住民の要望を踏まえて拡大し、一回り大きくなった模型でワークショップを行っています。
会場
二本松市市民交流センター 3F 市民ギャラリー
会期
2014.2.5-2.11
主催
「失われた街」模型復元プロジェクト実行委員会
共催
まちづくりNPO新町なみえ
企画
神戸大学大学院槻橋研究室
後援
浪江町
模型製作
神戸大学槻橋研究室(新規作成分)
来場者数
688人
新規製作・着彩模型
浪江-権現堂地区、浪江-請戸地区
(第1回で製作した権現堂1pixと請戸6pixに、権現堂7pix、請戸2pixを追加し、それぞれ8pixとした)
東日本大震災復興支援「失われた街」—LOST HOMES—模型復元プロジェクト