facebookTweets

Archi-Aid

PROJECTS

第1回 大島のみらいを考える会

< リストに戻る

12月1日(土)、大島開発総合センターにて「浦の浜のみらいを考える会」改め、「大島のみらいを考える会」を開催した。

本会では、10月、11月に開催された2回の検討会での結果を踏まえて作成した大島の未来像の可能性を複数通り示し、それらの案を元にさらなる多様かつ詳細な検討を住民の方々とともに行った。

<この事業は、競輪の補助を受けて実施した事業です。>
日時
2012年12月1日(土)
場所
大島開発総合センター2F
支援
財団法人JKA RING!RING!プロジェクト「平成24年度 被災地域の調査活動 補助事業」
共催
大島浦の浜親和会
長峯純一(気仙沼市震災復興会議委員•関西学院大学教授)+関西学院大学総合政策学部大島支援プロジェクト
槻橋修(神戸大学准教授)+神戸大学大学院槻橋研究室
福岡孝則(神戸大学特命准教授)
曽我部昌史(神奈川大学教授)+神奈川大学大学院曽我部研究室
寺内美紀子(信州大学准教授)+信州大学大学院寺内研究室
東日本大震災復興支援「失われた街」—LOST HOMES—模型復元プロジェクト