facebookTweets

Archi-Aid

PROJECTS

第2回 浦の浜のみらいを考える会-浜の将来を考える-

< リストに戻る

11月11日(日)、大島開発総合センターにて「第2回 浦の浜のみらいを考える会」を開催いたしました。

2回目となる本会は、前回のテーマである「防潮堤を考える」を受け、より包括的・全体的な議論をすべく各種事業(漁集・防集・災害危険区域策定・災害公営住宅等)の確認を行い、浦の浜から大島全島に至る「浜の将来」についてディスカッションしました。

<この事業は、競輪の補助を受けて実施した事業です。>
日時
2012年11月11日13:00~16:00
場所
大島開発総合センター2F
支援
財団法人JKA RING!RING!プロジェクト「平成24年度 被災地域の調査活動 補助事業」
共催
大島浦の浜親和会
長峯純一(気仙沼市震災復興会議委員•関西学院大学教授)+関西学院大学総合政策学部大島支援プロジェクト
槻橋修(神戸大学准教授)+神戸大学大学院槻橋研究室
曽我部昌史(神奈川大学教授)+神奈川大学大学院曽我部研究室
寺内美紀子(信州大学准教授)+信州大学大学院寺内研究室
東日本大震災復興支援「失われた街」—LOST HOMES—模型復元プロジェクト