facebookTweets

Archi-Aid

PROJECTS

失われた街 3.11 のための「記憶の模型」展

< リストに戻る

「失われた街」模型復元プロジェクトは、全国の学生達が協力して、被災前の縮尺1/500の復元模型を作成する取り組みです。被災地の復興と共に人々の記憶の再生を願い、模型とこれまでの活動成果を展示します。(仮)

2012.11.29~12.19
神奈川県建築安全協会 安協センター 2F

特設サイト
FaceBook
主催
財団法人神奈川県建築安全協会、「失われた街」模型復元プロジェクト実行委員会 
企画
神戸大学大学院槻橋修研究室
後援
YCCスクール、神奈川大学、県立神奈川工業高等学校、神奈川県震後対策推進協議会、神奈川県建築士会、神奈川県建築士事務所協会、JIA神奈川地域会、日本建築学会神奈川支所、神奈川県建設業協会、かながわ東日本大震災ボランティアステーション(神奈川県・神奈川県社会福祉協議会・神奈川災害ボランティアネットワーク)、馬車道商店街協同組合、協同組合横浜南部市場共栄会
協力
アーキエイド、TOTOギャラリー間、日本スペースイメージング株式会社、名古屋市立大学久野紀光研究室、横浜市立大学鈴木伸治ゼミナール、東京都防災・建築まちづくりセンター、東北建設協会、宮城県建築住宅センター
東日本大震災復興支援「失われた街」—LOST HOMES—模型復元プロジェクト